コラム

古びたままの家具を使い続けていると

家具は大切に使ってあげれば随分と長く維持することができます。しかし、その大切な扱いの中に家具修理を入れていないと皆さまが怪我をする可能性がありますので、古い家具がある場合には家具修理を考えた方が良いでしょう。家具は使い続けていれば段々と古くなり、劣化していきます。例えば椅子であれば、劣化によって尖った部分ができてしまい、そこに手を置いてしまって怪我をしたということがあるかもしれません。他の家具であっても同じように古くなったことで塗装などが剥がれ、尖った部分ができてしまうこともあるでしょう。そこに触れてしまえば怪我をする可能性があるのです。このような劣化による損傷は家具修理をすることで解決可能ですのでぜひご利用ください。椅子で言いますと、他には体重をかけた途端に背もたれ部分が外れてしまうということもあるかもしれません。ずっと使い続けてきたことによって負荷がかかり、それに負けてしまって背もたれが外れてしまえば皆さまは背中から床に落ちてしまうでしょう。こちらも怪我の原因になるので家具修理で対応が必要です。タンスは劣化によって開け閉めがやりにくくなり、力を入れて開けようとした時に転倒するという可能性もあるでしょう。このように劣化によって使いにくくなり、それが怪我の原因になる場合があるのです。それに対応するためにも家具修理で家具を直しておくと良いかと思います。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。