コラム

家具を長持ちさせる方法

いつも使っていれば家具は劣化して壊れてしまうものです。そんな家具でも修理は可能ですが、なるべく長持ちさせたいでしょう。 今回はそんな時に何を気を付けるべきなのかをご紹介します。 まず直射日光に気を付けましょう。太陽光の紫外線が木製の家具を変色させたり、劣化させたりするからです。 この場合は特に革製のソファに気を使います。革製品は一度汚れを放置するとそれが落ちにくくなるくらいに定期的な手入れが必要なもので、直射日光はソファのシミや変色の原因です。 ソファは一度設置するとなかなか動かす機会もありませんので、なるべく劣化しにくい窓から離れた場所などに置きます。どうしても日差しが当たるところにしか置けない場合は、カーテンで紫外線を防ぎましょう。 次に冷暖房の風にも気を付けます。直接冷風や、特に温風が当たらない位置に置きます。家具の変形やひび割れの原因になります。 家具を壁にピッタリ付けるのも危険です。先ほども申した通り家具を移動する機会は少ないので、気が付いたら壁と家具の間にカビが生えるかもしれません。 机の上に小物を置いている場合も、定期的に動かすなどして気を付けます。どれだけ手入れはしても年月による変色は免れませんが、置きっぱなしにしているとその形が跡になり、見栄えが悪くなります。 そろそろ大掃除の時期です。その時に家具を動かすと思いますが、掃除が終われば元の位置に戻すと思います。 もしお時間があるのでしたら、戻さずに模様替えもついでに行ってはどうでしょうか。同じ場所に置き続けると家具の劣化を招くので、定期的に場所を動かしてあげます。家具の長持ちさせる方法の1つです。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。