コラム

引き出しに詰め込み過ぎるのは要注意です

タンスや机の引き出しに、ぎっしりモノを詰め込んでいませんか? 片付けのためにどんどん引き出しに詰め込んで、引き出しが閉まらなくなるくらい詰め込んでいませんか? ついついものを入れすぎてしまう方は、時折引き出しの中身を出してみて、引き出しが壊れていないかを確認しておきましょう。 家具に使われている引き出し、特に木製家具の多くは、何枚かの木の板を組み合わせて引き出しを作っています。 一般的な構造では、4枚の木の板で枠組みを作り、底に薄めの木の板をはめ込むことで、引き出しを作っているのですが、ものを詰め込み過ぎると、この底の板が抜けたり、割れてしまうことがあります。 引き出しを開けた途端に、中身が全て落ちてしまうと片付けなどが面倒ですし、万が一壊れ物を入れていると、取り返しの付かないことになりかねません。 また、接着剤や釘などが緩んで、引き出し自体が分解することもありえます。 引き出しに物を入れるときは、スムーズに開け閉めできる程度に物の量を抑えるとともに、重いものは下の引き出し、軽い物を上の引き出しというように、使い分ける事も必要です。 もし万が一、引き出しのことでトラブルがあったら、家具修理110番までお気軽にご相談下さい。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。