コラム

ダボ穴の修理もお任せください

本棚や食器棚などは、入れるものに応じて棚板の一部を高さが変えられるようにしてある場合が多いですが、頻繁に高さ変更を行なうと、ダボ穴が次第に緩んで来て、ダボがしっかりはまらなくなってしまう事があるようです。
ダボがズレてしまうと、棚板ごと食器や本が落下することも考えられるので非常に危険です。
ですが、接着剤などで固定してしまっては、棚板の可動ができなくなりますので、避けたいところです。

もう一つダボ穴のトラブルというと、ダボが途中から折れてしまうことが考えられます。特に棚板の面とほぼ一致するようにダボが折れると、引き抜くことも出来ず、大変困ったことになります。
また、家具の上下をつなぐためのダボもあります。こちらは、万が一使えなくなると家具の上下の固定がゆるくなり、ちょっと動かしただけで上に載せた部分が落ちてしまうことも考えられます。

これらのトラブル防止のためには、家具修理のプロを頼るのが良いでしょう。
当サイトでは家具の修理について24時間受付を行っていますので、お気軽にご相談ください。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。