コラム

蝶番の緩みに要注意

タンスはタンスでも、ワードローブのようにコートやジャケットを吊るして保管しておけるタンスをご使用中の方は、時々扉部分の蝶番に緩みなどが無いか、チェックしておくことをおすすめします。
蝶番が緩んでくると、扉部分の動きが悪くなり、開閉ができなくなってしまうかもしれませんし、扉そのものが落下して、怪我をしてしまうかもしれません。
多くのタンスでは、蝶番部分はネジで固定されているので、これが緩んでいたら、ドライバーで締め直してあげると良いでしょう。
しかし、長年お使いのタンスでは、ネジ穴がそもそも緩んでいたり、蝶番そのものが壊れてしまうこともあります。
最近はお近くのホームセンターに出向けば、同じような形状の蝶番を見つけることはできるかもしれませんが、実際は、タンスの寸法や元の穴の位置などに合わせたものを取り付けないと、後から穴を開けなおしたり、扉の開閉に支障が出ることも考えられます。
しかも、ワードローブの扉は縦に長く、取り付けや取り外しが難しいことも考えられますので、無理に自分で治そうとせず、家具修理業者に頼んで修理してもらうこともご検討ください。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。