コラム

家具修理のタイミング

お気に入りの家具が壊れてしまい、修理も難しくなってしまった。もっと早くに修理していれば、この家具も長く使うことが出来たのではないか。そんな後悔はしたくないものでしょう。
では家具を修理する適切なタイミングとはいつなのでしょうか。
ダイニングチェアの場合、座った時にガタガタして安定性が悪くなったときは修理が必要と言われています。フレームや座面に隠れて見えない部分にゆるみやぐらつきが生じている可能性があります。この状態で放置するとケガに繋がる恐れがあるため注意が必要です。ダイニングチェアに腰かけた時にぐらつきを感じたら家具修理のプロへ依頼しましょう。

ソファの座り心地が以前と比べて固くなってきたと感じたら、ソファ内部のウレタンが長期間の圧迫により潰れて変形してきている可能性があります。一旦この状態になってしまうと、ウレタンが潰れて固くなってしまうことがあります。しかし、家具修理のプロがウレタンの交換補充を行うと、ソファの座り心地がかなり改善されるようです。ソファの買い替えを検討する前に、家具修理のプロへ一度相談してみるのもよいでしょう。
日頃から家具の状態に気を配り、長く愛用するためには家具修理のタイミングを見逃さないようにしましょう。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。