当サイト相談スタッフから

新しい色を付ける作業と使用する道具

スタッフ写真

家具の修理も様々な作業方法があります。例えば古い家具の色があせてしまったとき、新しく色を付けるにあたって、どんな作業か、色は何を使っているかなど簡単にご説明します。まず使う道具は、ラッカー塗料とつや消しスプレー・色を混ぜるための容器・筆・シンナー・布切れになります。色を作るには、まず容器に黒と赤を混ぜます。その後少しだけ黄色も混ぜ、目的の色に近づくよう調整をします。ここでシンナーを少し入れると、色が混ざりやすくなります。ラッカーはスプレー状で充分ですが、白を混ぜる場合はスプレーよりもごく普通の缶入りの方が使いやすいです。これは、スプレーですとスプレー特有の青みが混ざってしまうので、思うように目指す色が出にくくなるからです。次に筆を使って色を付けます。もし、色付けが合わなかったらシンナーを染み込ませた布切れでゆっくりと拭き取ります。最後は、つや消しスプレーを30センチ以上離して吹き付ければ完了です。もし距離が近すぎたり、吹き付けすぎると表面がかぶれてしまいます。
いかがでしょうか?上記であげた作業方法以外にも、色を付ける作業は様々です。一般の方でも充分作業ができますが、家具修理のプロに任せていただければ、ミスなく無事に作業を完了することができます。一度専門業者にお問い合わせすることをオススメ致します。

0120-949-976

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。