当サイト相談スタッフから

食器棚の修理についてなら我々にご相談ください

スタッフ写真

キッチンやダイニングに食器棚を置くことがあるでしょう。一般的な収納棚との違いは中身がよく見えるようになっていることです。ですから何がどこにあるかがわかるのですぐに取り出すことができます。この扉についてはガラスが使われる場合と強化プラスチックの場合があります。プラスチックの場合は割れることが少なく修理の必要もありませんが、そうでないと食器とぶつかって割れてしまうことがあります。食器棚の修理で交換が必要になります。キッチンダイニングは、場合によってはお客さんも来られることがあります。家族だけだと壊れたところがあってもいいと思えるのですが、見た目が良くないのは困ります。
また、扉がないと地震がきた時などに食器がすぐに飛び出して危ないです。となると修理をしておいたほうがいいのでしょう。食器棚の修理に関しては、ガラスの交換を行うだけで出来る場合もありますし、その他の部分の調整を行うことで出来る場合もあります。食器棚のガラスが割れて修理が必要になったのであればぜひお問い合わせをしてください。交換などの食器棚の修理についてできる限りの対応をさせていただきたいです。緩んでいる部分などの調整なども確認させてください。

0120-949-976

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。