コラム

ガラスキャビネットをインテリアに。オシャレな取り入れ方と修理方法

ガラスキャビネットをインテリアに。オシャレな取り入れ方と修理方法

「オシャレな家具を使ってみたい」と考えたとき、いいアイデアの1つが「ガラスキャビネット」です。ガラスキャビネットにはアンティーク風なデザインもあって、とてもオシャレな雰囲気があります。ガラスキャビネットについて気になってくると、色んな疑問も出てくるかもしれません。

どんな種類があるのだろう、どういう使い方をすればいいのか、アンティーク家具は壊れたら修理できるの、と様々です。これらの疑問を解決するために、ガラスキャビネットについて解説していきます。

ガラスキャビネットとは

ガラスの扉が付いているキャビネットのことをガラスキャビネットと呼びます。キャビネットは、小さなタンスのような形をしています。ガラスの扉が付いていることにより、中のモノが見えるように作られています。中身をオシャレに飾って部屋のインテリアとして利用すれば、とても雰囲気の良い部屋に生まれ変わること間違いなしです。

ガラスキャビネットの種類

ガラスキャビネットはデザイン性が高く、色んな種類があります。ここでは大きく「アンティーク調」「ナチュラルタイプ」「ホワイトタイプ」「カフェタイプ」に分けて4つ種類に分けて紹介していきます。

アンティーク調

ガラスキャビネットの中でも一番特徴的で、魅力が多いといえるのがこの「アンティーク調」のガラスキャビネットです。アンティーク調は、古い伝統や歴史を感じることができるデザインになっています。中には本当に古いアンティーク家具もあれば、新しいものをあえて古き良きデザインにしてアンティーク風に作っている場合もあります。

アンティーク調の魅力といえば、独特のデザイン性です。アンティーク調だけでも色々な種類があって、1点モノのガラスキャビネットになってくることもあるかもしれません。他に特徴的なのは、素材の良さ・凝った装飾です。木材の美しい木目は見栄えが良く、ガラスキャビネットを支える4つの足の部分は、キレイな曲線美となっていることが多いです。

日本に住んでいても、ガラスキャビネットのある部屋で英国や北欧気分を感じることができるアンティーク調は、室内を素敵な空間に変えてくれる一品です。

ナチュラルタイプ

ナチュラルタイプのガラスキャビネットは、木材のシンプルなデザインで、どんな部屋にでも合わせやすいのが特徴です。ナチュラルタイプは引き出しが付いていることも多く、機能的に使うことができます。ガラスで見えている部分にはデザインとして見せたいものを置いておき、引き出しの中には小物を入れておくといったように使い分けが可能で、とても実用的です。

ナチュラルタイプにはカントリー調のデザインのモノもあるので、部屋のインテリアをカントリー風にしたい場合に選んでみるのもいいかもしれません。

ホワイトタイプ

ホワイトタイプのガラスキャビネットは、デザインや機能性はナチュラルタイプとあまり変わりがないのですが、全体の色がホワイトで整えているので、とても清潔感があるのが特徴的です。ホワイトタイプのガラスキャビネットは、女性向きのインテリアとしてオススメです。主張しすぎないホワイトのデザインと、あまりにも甘くなりすぎない色合いが女性人気の理由です。

女の子らしい装飾が付いているデザインのモノもあり、女性向けのガラスキャビネットとして作れているものもあります。

カフェタイプ

最後は、カフェタイプのガラスキャビネットです。名前の通りに、カフェに合ったようなデザインをしています。オシャレなカフェに置いてあるキャビネットをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。ガラス部分に文字がプリントしてあるデザインもあり、アンティーク風やナチュラルなインテリアとして置くことは難しいかもしれませんが、オシャレなアイテムとして置いてみると良いかもしれません。

こんな使い方があります

こんな使い方があります

 

どの種類もデザイン性が高くてオシャレなインテリアとして利用できそうなガラスキャビネットですが、キャビネットはあくまで収納家具です。中に収納することを目的で設計やデザインがなされています。オシャレなガラスキャビネットに合う、効果的な収納の仕方を紹介していきます。

食器棚として利用しよう

ガラスキャビネットとして第一に考えつくのが、「食器棚として利用する」ことです。食器は毎日利用するので、食器がすぐに見える場所に置いてあることが理想的です。ガラスキャビネットの中に食器を置いておけば、すぐに取り出したい食器が分かって使いやすいです。

引き出しが付いているタイプを選べば、料理に利用する小物を入れることができるのもとても便利です。アンティーク調のガラスキャビネットには、オシャレなコーヒーカップやケーキ皿を飾ってみるのはいかがでしょうか。

本棚として利用しよう

本棚としてガラスキャビネットを利用することも、とてもオシャレな使い方です。ガラスキャビネットの中に入っている本は、普段本棚に入れているのとは違って「本を大事にしている」ように見えてきます。ガラスの中に入れておくことで、ホコリ対策になるのもメリットの一つです。

ただ一つ注意してもらわないといけないのが、本の重さです。アンティーク調だと木が古くなっているかもしれないので、木が重さに耐えきれず壊れてしまうかもしれません。

お客様用のカップボード

お客様用にガラスキャビネットを使う収納方法は、アンティーク調のデザインが一番向いているかもしれません。お客様に出すカップやグラスは素敵なデザインのモノを使いたいです。素敵なデザインのカップを、素敵なアンティーク調のガラスキャビネットの中に大切にしまっておこと、特別感が出て良い雰囲気を出せることでしょう。

大事なコレクション用に

素敵なガラスキャビネットの中には、大切なモノを収納したい気持ちになります。自分の大事なコレクションや思い出を収納するのに、ガラスキャビネットを利用してみるのはいかがでしょうか。ガラスキャビネットの中にしまっておくと、いつでも眺めることができるうえ、思い出として丁寧に保存することも可能です。大事なコレクションや大切な思い出を飾っておくのに、オシャレなガラスキャビネットを利用するのをオススメします。

修理したいと思ったら

修理したいと思ったら

 

デザイン性もあって、見た目がオシャレなガラスキャビネットは大事に使っていきたい家具です。もし壊れてしまったらどうしたらいいのか。ガラスキャビネットの修理の方法について紹介していきます。

ガラスの修復

ガラスキャビネットの扱いで一番気をつけなければいけないのが、ガラス部分です。ガラスが割れてしまった、ひびが入ってしまったら、自分で修復するのは難しいかもしれません。特にアンティーク調のガラスは、ガラス部分も独特なデザイン性を持っており、形を合わせてガラスを切らなければいけないので、職人技が必要になってきます。

割れたガラスをそのまま放置しておくのも危険ですので、プロの修復業者に頼ってみてはいかがでしょうか。アンティーク家具を専門としているプロの業者もあります。そういった業者におまかせすればキレイに戻すことが可能でしょう。

アフターメンテナンス

ガラスキャビネットを大事に使っていくには、メンテナンスも必要になってきます。せっかくキレイなデザインなのに、ガラスがくもっていると見た目が悪くなってしまうので、自分でできる限りの掃除をするようにしてください。 ガラスキャビネットは4本の足で支えられていることが多いです。

その足が折れてキャビネット全体が壊れてしまうと修復が難しいので、専門の業者に依頼することを考えてみてください。このようなアフターメンテナンスをしっかりとおこなってくれるようなプロの修理業者を選んでおくと、常に素敵なガラスキャビネットを利用することができるのではないでしょうか。

まとめ

ガラスキャビネットはとてもデザイン性が高く、部屋のインテリアとして向いていることが分かりました。ガラスの中に収納してあるものは、大切に扱われている雰囲気が出ることもあり、ガラスキャビネットは見た目の良い収納家具としてオススメすることができます。

大事なものを収納するガラスキャビネット自体も大事に扱いたいです。特にアンティーク調のものは古くなっているかもしれないので、取り扱いに注意です。壊れてしまったらアンティーク専門の修理業者もいるので、頼ってみてはいかがでしょうか。ガラスキャビネットを使って、部屋に素敵な空間を作ってみてください。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103