コラム

家具のぐらつきが気になる?自分でできるかんたん防止策まとめ

家具のぐらつきが気になる?自分でできるかんたん防止策まとめ

 

私達の生活をより便利に、そして豊かにしてくれる「家具」。家具には大切な人との思い出、家族の思い出がつまっていますよね。しかし、どんなに大切に使っていても、家具も月日が経てば不具合が出てきます。

 

今回は、家具のぐらつきを自力で直す方法をお伝えしていきます。長年使っていれば、いつかはやってくる「家具のぐらつき」。そんなときに新しいものを買うのではなく、自分で直してみてはいかがでしょうか?

 

今家具のぐらつきで悩まれている方も、今後のために覚えておきたいという方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

家具がぐらつく原因を考える

そもそも長年家具を使っていると、どうしてぐらつくのでしょうか?ぐらつきの原因は、家具のみにあると思っている人もいるかもしれません。しかし、それだけではなく、室内にも問題がある場合もある場合も考えられるのです。

 

組み立て式家具のぐらつきの原因で多いのが、家具に問題がある場合です。家具に使われるパーツの加工のミスや、ネジの締め忘れやゆるみからくるぐらつきのおそれがあります。

 

一方、木造家具やオーダー家具のぐらつきの原因で多いのが、室内に問題がある場合です。室内に問題があるときは、室内が水平ではないことが原因である可能性があります。

 

安価でできる!ぐらつきを直す方法をご紹介

安価でできる!ぐらつきを直す方法をご紹介

 

家具がぐらつく原因を一概に決めることはできません。ここでは、安価で行うことができる、家具のぐらつきの改善方法をお伝えしていきます。

 

家具の足元にものを挟む

家具がぐらつくときは、家具の足元にものを挟むと効果的です。傾いている方の足元に、段ボールや木や布を挟んでみましょう。

 

高さのバランスを保つことができ、ぐらつきをなくすことができます。これは、応急処置としても使われますよね。比較的簡単にぐらつきを解決できる、有効な方法です。

 

ネジはしっかりしめよう

組み立て式の家具のぐらつきの原因で多いのが、ネジのゆるみです。ネジは、家具のつなぎ目を果たしてくれる大切な役割を担っています。そのため、ネジがゆるんでいると、ぐらつきがおきます。家具のつなぎ目のネジを中心に、一度ネジをしめなおしてみましょう。

 

ボンドで固定しちゃおう

ボンドで固定してしまうのも一つの手段です。長年机などの家具を使っていると、面と面の接続部分に隙間ができます。そのようなときには、ボンドを使って固定してしまいましょう。ボンドを塗ったあとに、重しをのせておくと、より密度が増し、効果的です。

 

収納に問題はない?

収納ボックスなどがぐらつくときは、収納に問題があるかもしれません。一か所に重い荷物を収納していませんか?一カ所に荷物を集中させると、重さにバラつきができてしまい、家具の傾きにつながります。一カ所に集中させて収納するのではなく、まんべんなく片づけるようにしましょう。

 

【DIY家具】ぐらつかない4つのポイント

今流行している「DIY」。ここでは、家具を自分で組み立てるときに、家具がぐらつかないようにする工夫をお伝えします。

 

ネジをなくさないようにする

まず、ネジと説明書を袋から出します。このとき、小さいネジをなくさないように、注意しましょう。器などに開けると安心ですね。

 

説明書は必ず読む

説明書を読みながら、材料と照らし合わせ、作業を進めます。普段、説明書で一つ一つ手順を確認しながら作業を進めるのは、めんどうくさいと思う人も多いでしょう。しかし、思うがまま組み立てて、それが間違えていたらやり直さなければなりません。そうなると、余計に時間がかかってしまいます。

 

ネジを止めるときの注意点

いよいよネジで止める作業です。このとき、一か所ずつネジをしめるのではなく、まずはマスキングテープなどで仮止めしておくのがコツです。全体の作業がある程度進んだら、ネジをしめていきます。

 

このときネジを多くしめる面があるときは、一カ所ずつ完全にネジをしめてしまうのではなく、全体のネジを軽くしめてから、少しずつネジを強くしめていくようにしましょう。

 

初めからネジを強くしめてしまうと、「ほかのネジがあわない」なんてことがおきてしまうおそれがあります。

 

また、ネジをしめるときに、回すというより、押しながらネジをしめている方もいらっしゃるかもしれません。そうすると、ネジの先がつぶれてしまうことがあるので注意が必要です。ネジの大きさにあったドライバーで、ドライバーとネジの溝を垂直にして、ネジをしめましょう。

 

ボンドを併用する

更にボンドなどの接着剤を使うと、より頑丈になります。パーツとパーツが接している部分には、接着剤を使いましょう。ヘラや厚紙などで、均一になるように接着剤をのばすと効果的です。

 

地震のとき危険!もっとしっかりぐらつきを固定するには?

地震のとき危険!もっとしっかりぐらつきを固定するには?

 

日本の周りにはプレートが存在しており、地震が多く起こることから、「地震大国」といわれています。地震がおきたとき、もともとぐらつきのなかった家具でも、地震の大きさによっては家具自体が壊れることもあります。

 

前もって家具のぐらつきをなくしておくことで、災害時の家具による被害を防ぐことができます。ここでは、地震に備えて、家具の倒壊や転倒を防ぐ方法をご紹介します。

 

ボンドを流し込む

一つ目に紹介するやり方は、ボンドを使った方法です。ほとんどの日本製の組み立て家具の下駄箱や本棚は、背面に溝があります。この溝にボンドを流し込み、板を挟むことで、ぐらつきを固定することができます。

 

溝にボンドを流し込み、背板を挟み、直角を保ったまま固まるまで触れずに待ちます。乾いたら設置場所に移動しましょう。こうすることで、長く使用しても比較的ぐらつきにくくなります。

 

金物で補強固定する

金物で補強固定するのも効果的です。ホームセンターで売っているコーナー型の金物を底板や天板、側板を家具の角に固定することで、地震によるぐらつきにも効果的です。またT字型の金物で側板と棚板を固定する方法も、家具を頑丈にします。

 

家具と壁をネジでとめる

思い切って、家具と壁をネジで固定するのも効果的です。これは、ぐらつきではなく、家具自体が地震の揺れによって倒れないようにするものです。壁に固定することで、地震の縦揺れでも横揺れでも、倒れにくくなります。

 

しかし、賃貸マンションなどにお住まいの方は壁に穴が開いてしまうため、管理者の許可が必要です。また、頻繁に模様替えをする人も注意しましょう。

 

家具のぐらつきで困ったら…修理にだしてみよう

自力で直してみても、ぐらつきが直らない…というときは修理に出してみましょう。修理に出すときのよい業者の選び方は、相見積りを取り、相場を確認することです。

 

それに加えて、評価や口コミも参考にするとよいでしょう。追加料金の有無もしっかりと確認しておきましょう。

 

まとめ

今回は、ぐらついている家具の直し方についてお伝えしました。長年使っていると、いつかはぐらつきがおこる家具。新しい家具の購入を検討するより、一度自分で修理してみましょう。今回ご紹介したように、自分で直すことができるものもあります。

 

また、日本は地震大国といわれているように、いつ地震がくるかわかりません。地震対策のためにも、ぐらつきがある家具は直すことをおすすめします。自力で直すことが難しいときは、専門業者に修理を依頼しましょう。

 

家具のぐらつきを防止する対策をしっかりと行うことで、地震が起きた際の、家具の転倒による被害防止につながります。命を守ることにもつながるため、専門業者への依頼も検討してみてはいかがでしょうか。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103