ソファの寿命を延ばす方法 | 家具修理110番|修理:2,000円~&現地調査無料・出張可能

コラム

ソファの寿命を延ばす方法

たくさんある家具の中でも特に使用頻度が高い家具がソファです。リビングに置かれ家族の誰もが毎日のように使い、扱い方によってはすぐに壊れてしまうこともあります。買い換えるのは勿体ないし、かといって放置しておくとどんどん悪化していき、いざ家具修理業者にいらしたとき、修理するより買い替えたほうが安いなんてこともありえます。しかし普段から使うものだけに使いやすいものを選び悩んだ末に購入するなんて方も多いと思います。そのため長く使いたいと思うのは当然のことです。子供のいる家庭は特に注意が必要ですが、ソファを使う際ちょっとした気遣いでソファの寿命を伸ばすことにつながるのです。 ソファの寿命が縮まる要因で多いのはウレタンのヘタリや破損です。使い始めたときはクッション性が高く気持ちよく座れていたのに気づいたらへこんでしまって、座り心地が変わってしまったなんてこともあります。これは毎日同じ場所に座ったり、座面の上に立つなどウレタンへの負担が大きい行動を取ってしまうからです。座面の上に立たないことは少し注意すれば実践できますが、毎日同じ場所に座らないというのは難しいかもしれません。そんなときは左右の座面のクッションを定期的に入れ替えることで、より長く使えるでしょう。 次にバネや木枠の破損を防ぐことです。ソファの背中をまたいだり子供が座面の上で飛び跳ねるなど座面に勢い良く全体重が掛かることで、バネや木枠の破損につながります。脚がぐらついたまま使うことも木枠への負担を大きくします。例えば肘掛けの部分に座るなんて光景をよく見かけますが、これは片側の脚に無理な負担がかかり脚のぐらつきにつながります。脚がぐらついていると座っているときの負荷をうまく分散できず結果的に木枠への負担を大きくしてしまいます。 大切なものだからこそ家具を修理して使い続けることも大切ですが、それ以前に壊れないように使うことも重要な事なのです。

0800-805-7602

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-976

24時間365日 日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0120-949-976

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

安心の明朗会計

日本全国受付対応

家具修理のプロによる対応

お客様満足度98%以上

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。